お酒はどこまで許されるのか

0

    私と同じ脳出血で倒れたある女優さんは、退院したその日に酒を調達したという話を聞いたことがあります。

    元々は私もお酒が大好きではあるのですが、再発が怖いことから、さすがにこの女優と同じことはできず、少なくとも2年はお酒を一滴も口にしませんでした。

    発病して4年が過ぎた今では、嗜む程度のお酒を飲むようになりました。

    飲む量は体の欲求に任せてはいるものの、ビール中ジョッキ1杯に芋焼酎のお湯割りをコップ1杯か2杯程度で、それ以上は今の時点では欲さない状況です。

    では、脳出血の病気上がりの私が許される酒の量は、一体どのくらいなのでしょうか。

     


    介護認定のポイントはいかに

    0

      この度、第4回目の介護認定を受けました。

      病院に担ぎ込まれて直後の重度の認定だった第1回は別にして、第2回以降は要介護1、要介護2と変わってきました。

      今回の介護認定では、仕事が定着しただけでなく会社の経営を始めたので、担当のケアマネさんの推測では、今回はどう考えても軽い方へ変わるだろうということでした。

      もしかしたら、要支援まで行くかもしれない。

      そこまでの可能性も無きにしも非ずというものでした。

       

      第4回の介護認定、フタを開けて見ると・・・

       


      脳卒中は自己責任で招く病気か

      0

        2年ほど前、元テレビ局のアナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という記事を投稿し、炎上したことがありました。

        病気は異なりますが、脳卒中にも自己責任論があり、すなわち、ヘビースモーキングや暴飲暴食の結果脳血管に異常をきたし、脳卒中になるに至ったという向きが少なくありません。

         

        私の場合は、こんなことがありました。


        医者に逆らうことを勧めるな

        0

          とあるブログでは、一貫して医者を信用しない姿勢で、医者に逆らうことを勧めているようです。

          具体的には、脳卒中のリハビリの方法や、インフルエンザの予防接種などで、医者の言う通りにはしないことが挙げられています。

          私は、この考え方に断固反対します。

           

          これを書かれている人はうまくいっているようですが、こんなものが万人に当てはまるものなのでしょうか。

          私は、こういった考えを安直に受け入れることは危険だと思います。

           

          相手は医者ですよ。

          いくらヤブ医者であろうが、我々の素人考えがそれに対抗するなんて、到底無理なことなんです。

          それは、私のある体験がそう確信させたのです。


          いつの間にか冬になっていた

          0

            いつの間にか冬になってしまいました。

            ここのところブログを更新しない毎日が続いていて、気がついたら冬になってしまっていたという具合です。

            仕事が忙しいこともありますが、毎日に変わったことが起こらないので、ブログの記事のネタがないのが本当のところです。


            ジャンク脳でも資格は諦めない

            0

              今年も某国家資格の試験に挑みました。

              この資格試験は、もう3回目になります。

              なかなか取れずにいるわけです。

              それでも、挑戦し続けています。


              脳を一番活性化させる使い道

              0

                今年もあと2か月となってしまいました。

                早いですね、1年って。

                この早さで月日が過ぎていくと、あっという間に棺桶に入りそうです。

                 

                そうは言っても、脳を働かせる時間はまだたっぷりとあります。

                どう働かせれば、脳は一番活性化するんでしょうね。


                運動ニューロンとボトックス

                0

                  リハビリをサボると、ボトックス治療が必要になるかも知れない。

                  そんなことを思いながら、私はあの何発も打つ注射に恐怖を覚え、ボトックスの世話にはなるもんかと、ひたすらリハビリに打ち込んできました。

                  サボりはボトックスを招くかもしれないと思うと、リハビリには精を出せるってもんです。

                  ところが、思わぬところから声が聞こえました。

                  リハビリをサボっても、ボトックスを招くことはあり得ないというのです。


                  片麻痺からの思いがけない習慣

                  0

                    人間、余程の関心や好奇心がある場合は別ですが、必要に迫られないと、新しいことに手を出さないものではないでしょうか。

                    私もそういう傾向がありまして、保守的な性格なのか、アナログな性格なのか、新しいもの好きの割には、自分ではなかなか手を出せないでいます。

                    私がこれまでに比較的先取りをして導入したものは、CDプレーヤーと携帯電話のメールでした。

                    少ないからこそ、はっきり覚えているのでしょうね。

                     

                    さて、そんな保守的な私が、片麻痺になったからこそ仕方なしに導入し、今ではすっかり生活の一部になったものがあります。

                    それは何でしょう。


                    健常者風に意識をして歩くこと

                    0

                      意識して健常者風に歩くことと、あえて無理せずに健常者風にしないこと。

                      私も様々なブログを読むにつけ、一体どちらがいいのか考えていました。

                      そしてようやく、私なりの結論が出ました。

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
                      にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM