前向きなブログに悲しい解釈

0
    入院時から愛読していたブログ、「味由部長奮闘記」。
    私がこのブログを始めるのに、大きな影響を受けたブログです。
    このブログは、闘病体験だけでなく、障害者問題や自然災害などの社会問題にも切り込んでいるのですが、親しさあふれる雰囲気で読みやすく工夫されており、私も更新をいつも楽しみにしています。

    ところが今日、「味由部長奮闘記」の一つの記事に対して、批判を展開している別のブログ記事を見つけました。
    これって、批判されるような内容なんでしょうか。


     
    味由部長は、一つのある記事で障害者の雇用問題に切り込んでいました。
    その記事では「件数が少ないうえに賃金が低い」、「仕事内容が補助的な役割」など、厳しい現実が書かれています。
    それに対し、別のブロガー氏の記事では、「ひとごと」だとか「企業のトップみたい」だとか批判を展開していました。
    どうやら、別のブロガー氏にとって「自分の障害者としての仕事の苦労を、同じ障害者なのに分からないのか」と言いたいようです。

    そのブロガー氏は、味由部長の記事は自分を「おちょくっている」と捉えています。
    「おちょくる」というのは、「からかう」という意味の関西弁です。
    私も大阪府出身なので、関西の人との会話ではよく使いますが、あまり品のない言葉です。
    このブロガー氏も大阪の人のようです。
    大阪ね・・・

    私には、味由部長の記事が「おちょくっている」と捉えることは全く出来ませんでした。
    むしろ逆に、「現実には残念なことがある。私達はその現実と向き合って改善していこう」という、前向きな印象しかありませんでした。
    実際、最後の方に、「私たちが行動することで、改めて企業が障がい者雇用を認識し、考えるようになるのです。」と書かれていますしね。
    別のブロガー氏、最後まで読んでいないんじゃないですかね。
    そのコメント欄で同調している人も、恐らく味由部長のブログを読んでいないでしょう。

    そのブロガー氏は、別の記事では次のようにも書かれています。
    「私は、文章を考えることも脳を使うことなんで、”死んでも、ブログ辞めへんし!!”と妻には言ってあります。」
    その通りです。これには私も同意です。
    しかし、書くことだけではなくて、読むことも鍛える必要があると思います。

    私も、味由部長も、別のブロガー氏も、共通点は脳出血の右片麻痺であるところです。
    批判ばかりではなくて、励まし合うぐらいの姿勢を出すのが良いのではないでしょうか。

    コメント
    ニゼックさんありがとうございます。
    自分のブログで他人のブログを非難することは決してあってはならないことです。
    人の眼を見て話すのなら誤解も正せるのですが、文章は一方通行で誤解があると正すことは難しいですよね。
    確かにニゼックさんの言うとおり、誤解が生じているようですが、それは私の文章表現力のなさだと反省するところです。

    でもねニゼックさん
    私がブログを始めた時に決めていたことがあるんです。批判されたらブログをやめるってね!
    みなさんから勇気づけられましたというコメントを沢山いただき頭に乗っていたのかもしれません。
    ブログは辞めませんが日本ブログ村からは外れたいと思います。
    個人的にブログで交流しましょうねヽ(^。^)ノ
    • 味由部長
    • 2016/04/19 10:56 PM
    味由部長様、一瞬びっくりしました。
    ブログをやめるのではなかったので、ホッとしています。一応はよかった〜(^3^)

    脳卒中のブログの集まるところでは、高次脳機能障害を持った方(私達も含めて)が多いので、読み違えも多く発生すると思います。
    例の人も、あれは完全に読み違えですよ。
    味由部長の表現力の問題なんかじゃありませんて。

    私も先ほど書いたブログ記事に盛り込んでいますが、このままの人生で終わらせないぞという意気込みで、新しい仕事を始めました。
    受け身のままでは、ダメですってね。

    味由部長を見ていたら、前向きになれます。
    これからも私の人生に、スパイスをください!(^-^)!
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • それぞれのセラピストたち
      n
    • それぞれのセラピストたち
      ニゼック
    • それぞれのセラピストたち
      n
    • 最高の人生を送る方法とは
      n
    • 最高の人生を送る方法とは
      ニゼック
    • 最高の人生を送る方法とは
      n
    • ありがたい親切の連係プレー
      ニゼック
    • ありがたい親切の連係プレー
      ハオチン
    • ありがたい親切の連係プレー
      n
    • ありがたい親切の連係プレー
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM