奇声が飛び交う病棟の夜

0
    入院していたとき、病院で寝ていると毎晩何人かの奇声が聞こえてきました。
    「お母ちゃん、お母ちゃんよぅ」と叫ぶ声。
    「お姉さん、お姉さん」とすがるような声。
    「ううう、ううう」とただ大声で唸る声。
    それらは宵の内、真夜中、朝方と、時を選ぶことはありませんでした。
     
    個室もありますが、一般病室に他の患者の方と同室の人もいました。
    看護師さんも扱いには慣れているらしく奇声の度には来ず、適当に足を運んではその時に処置していくといった感じでした。

    私も一般病室でしたが、私の病室にはそのような人はいませんでした。
    それでも毎晩聞こえていたのですから、もし同じ病室だったら、全然寝られなかったことでしょう。
    しかし、一番大変なのは家族の方々です。
    今は病院に預けているとはいえ、いつかは家に戻ってくることになります。
    そのあとは、期限抜きで奇声に悩まされることになるでしょう。
    こんなことを色々考えていると、複雑な気持ちになるのです。

    私も脳の病気なので、一歩間違えたら同じようになっていたかも知れません。
    本人は何も知らなくても、家族を困らせることになったでしょう。
    けれども、幸いなことに、精神を司る部分は侵されていなかったのです。

    私は、退院することが出来ましたし、今はこうしてブログを作ることも出来ます。
    体の不自由は残っていますが、周りの人と心を通わせることが出来ます。
    これは、不幸中の幸いでした。
    私はこの状況に感謝をし、残りの人生の時間を大切に過ごさねばならないと、強く感じているのです。


    JUGEMテーマ:コラム


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      ニゼック
    • 障害者が作る健常者の感情
      ニゼック
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      堀池一久
    • 障害者が作る健常者の感情
      堀池一久
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM