気になる気になる物語

0

    入院していたとき、脳のトレーニングをやっていました。
    でも世間でいう脳トレではなく、脳の破損箇所の復元作業です。
    これもリハビリの課題で、脳に再現させたものを正確に言葉に表現させる練習です。
    ここは、言語聴覚士さんの出番です。
     

    私は、記憶を試す課題を課されていました。
    具体的には、短い物語の文章を言語聴覚士さんに読んでもらい、その後に内容について質問があります。
    私は、テキストを全く見ることが出来ません。
    言語聴覚士さんは、誰が何をしたか等を聞いてきます。
    私の方は、記憶を頼りに、出来るだけ正確に答えなくてはなりません。

    ある日、こんな課題がありました。
    ヤマアラシとヘビのお話です。
    面白かったので、内容を紹介します。
    記憶モードなので、正確ではありません。
    ご了承ください。
     

    冬がやってきました。
    ヤマアラシは冬眠をしようと、洞穴を探していました。
    しばらく探していると、ちょうどよい大きさの洞穴を見つけました。
    洞穴に入っていくと、中ではヘビの家族が冬眠していました。
    ヤマアラシはどうにか冬眠できそうだったので、ヘビに、隅っこに冬眠させてくれるように頼みました。
    ヘビは、ヤマアラシが冬眠できるように、場所を空けてやりました。
    ところが、ヤマアラシの体はトゲだらけだったので、ヘビは眠れなくなってしまいました。
    ヘビはヤマアラシに、どこか別の場所を探してほしいと頼みました。
    しかし、ヤマアラシは、眠れないヘビの方こそ出ていくべきだと言いました。


    文章はここで終わりです。
    ヘビとヤマアラシは、このあと、どうなったのでしょう。
    課題は別として、続きが気になって眠れなくなってしまいました。

    この続きの課題文はないのですかとたずねると、病院にはないそうです。
    どなたか、続きをご存じの方はいらっしゃいませんか(笑)。



    コメント
    イソップ寓話ですね
    続きはググりましょう
    • ほるへ
    • 2015/11/06 9:34 AM
    早速ググりました。
    イソップの中でもマイナーなお話なんですね。
    ググったら出てきたけど、あんまりヒットしなかったので、驚きました。
    • ニゼック
    • 2015/11/06 5:05 PM
    Give a finger and lose a hand.
    庇を貸して母屋を取られる
    という寓話みたいですね
    • にぽぽ
    • 2015/11/15 12:50 PM
    にぽぽさん、そうなんですよ。
    物語は、このブログから先の進展はあまりないんですね。
    ヘビがかわいそうです(^^;
    • ニゼック
    • 2015/11/15 2:28 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか
      n
    • 偉そうな老人と音楽の話
      ath
    • 脳を刺激するモノをください
      ath

    クリックしてくださいね。

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM