見かけでは分からない失語症

0

    見かけでは分からない障害がいくつかありますが、失語症もその一つではないでしょうか。

    黙っていたら、自由に話すことができない、あるいは難しいだなんて、想像がつきませんからね。

     

    失語症だけを取り上げた場合、全く話すことができない重い方は言うまでもないですが、症状が軽くて話すことができても結構苦しいことはご存知ですか?

     

     

    私は脳出血の発病で、失語症になりました。

    入院直後は、全く話すことができませんでした。

    幸いなことに、数日の間に言葉を取り戻していきました。

     

    まもなく会話ができるようになり、現在に至るまで少しずつ回復が続いています。

    仕事で顧客と会話することがあるのですが、得意先の顧客の方からは、

    「西関さん、もう言葉に障害があるようには聞こえなくなりましたよ」。

    と、言われるまでになりました。

     

    ところがです。

    顧客は、私が障害を持っていると理解しながらも、健常者相手の時と同じ速さで話すのです。

    私の発音に、言語障害を感じさせることがほぼないためです。

    一見、健常者と同じですが、失語症が治ったわけではなく、頭の中では単語を、健常者の時よりたくさんのエネルギーを使って探しているのです。

    単語が出てくるのにかかる時間が、健常者の2倍か3倍はかかっています。

    何とかついて行っていますが、健常時と比べれば遥かに苦しいのです。

    仕事で失敗は許されないので、必死なんですよ、相手の言葉についていくのに。

     

    こんなことは書いてはいけないのを承知で書きますが、こんなに苦しい思いをするなら、すぐ分かる言語障害を持っていた方がマシだ、と思うこともあります。

    言語障害があるのが分かればゆっくり話してくれるようになり、こちらとしても楽だと思えるからです。

     

    「贅沢を言うな!」

    話すこと自体がままならない重い失語症を患っている人から見れば、そんな風に感じるかも知れません。

    しかし、話すことができる軽い失語症に過ぎない私でも、健常者の顧客と互角に交渉しなければならない場面は非常に苦しいことを少しでも分かってくれたら、ありがたいのです。


    コメント
    確かに気持ちは十分に伝わります。以前、私が入院中の時、右片麻痺(右手と右足)の不自由と両手の不自由(右手と左手)、両足の不自由の方がおり、両手や両足の不自由と比較し、片麻痺の方が社会生活に馴染みやすいと考え、自分自身を納得させていた頃を思い出します。また、ガンや糖尿病等の内疾患の場合は、外見では、判断できません。これらも方についても同様の気がします。外見で判断できない場合も多々ありますので、無理せずもう一度、ゆっくり話してもらえませんか?プライドを下げてお願いするのがストレスを増やさずに居られる最適の方法でないでしょうか?
    • スイッチ
    • 2017/02/02 10:14 AM
    この記事では失語症を取り上げましたが、見た目が分からない障害は数多くありますね。
    失語症では、それ自体が足腰に負担をかけるわけではないですが、私ぐらい軽い症状でも相手に知ってほしいところではあります。
    現実は、相手に知ってもらえないので、確かに「ゆっくりでお願い」したいのがヤマヤマですが、この本文のように「顧客」だとお願いしにくいのです。
    「病気相手に契約なんかできるか!」と思われたら、生活の糧が一つ減ることになり、それが怖いのです。
    後遺症抱えて働いている人の会に参加しているのですが、失語が重い方は大変そうですね。話し出す前に言葉を探してノートに並べている人もいます。私は偶に出て来ない、レベルなので日常生活的には困らないのですが、すっと出て来ないのは辛いものがあります。
    • ath
    • 2019/01/14 9:01 AM
    私も日常生活で困ることはほとんどないのですが、仕事では言葉を慎重に選んだりして、困ることが度々あります。
    相手は、私が言葉について健常だと思っていますから、その点が厄介ですね。
    重い人は日常生活でも不自由で大変だと思います。
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 生まれつき体が半分不自由な人
      ニゼック
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      meganesaru707
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      ニゼック
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      meganesaru707
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      n
    • 回復のキーワードは関節なのか
      ニゼック
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      ニゼック
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      n
    • 回復のキーワードは関節なのか
      味由部長
    • 回復のキーワードは関節なのか
      ネロ

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
    にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM