食事に不満な患者は即刻退場

0
    健康で元気だった頃、病院食はまずい食事の代表というイメージでした。
    病気になり入院すると、朝昼晩の食事が、病院での数少ない楽しみの一つになりました。
    評判は決して良くないけれど、昔と比べれば工夫もあります。
    献立の裏には、厳格な栄養分の計算があるのですから、食事作りに携わっている方は随分と苦労があることと思います。
     
    それだけではありません。
    献立は更に細かく分かれ、軟らかいものしか食べられない人向け、塩分を大きくカットしなければならない人向け(私だ!)など、オプションもあります。
    作っている方々には、本当に敬意を感じるばかりです。

    けれども、残念ながら、完食する患者は少ないのです。
    量が多くて食べられない人もいるのですが、やっぱりあまり美味しくないと言う人が多いようですね。
    管理栄養士さんは色々工夫を重ねているのですが、患者の要求には叶わないのでしょう。

    単に美味しくなくて、残すだけの人はまだいい方。
    中には、毎日のように文句をつけている人がいるのです。
    味が薄いとか、肉の量が少ないとか、ピーマンは食えないとか、好き放題。
    看護師さんやケアワーカーさんを捕まえては、食事の度に大声で苦情を言っている人もいます。

    でも、よく考えてみてください。
    体のために計算し尽くされた食事に異議を申し立てるとは、どんな意味があるのかを。
    「私は味が好みであれば、体のために良いとかは関係ないんだよ!」と、大きな声で訴えているようなものです。
    こういう患者は、普段から体に悪い食事を摂り、今日の入院に繋がっていることも考えられます。

    入院中の食事は、体に良くない食事を一掃するチャンスです。
    本来は、自分の病気の回復のためなら、自分の気に入らない食材や味付けでも、我慢して受け入れるべきものです。
    それが嫌なら、他の入院患者に迷惑ですから、苦情で看護師さんやケアワーカーさんに余計な仕事を増やさないように、病院から退場してもらいたいですね。

    えっ、そんなことをしたら病気が治せないじゃないか、ですって?
    体に良い食事を体に良くない食事に変えようとしている時点で、病院にいる意味はないでしょう。
    体に悪い食事を好きなだけして、とっとと死んでください。

     
    JUGEMテーマ:コラム
     

    コメント
    こんにちは
    こちらのブログへのご挨拶が遅れましたが
    さかのぼって拝読しました。

    何度か入院は経験していますが
    どれもニゼックさまに比べればたいしたことではありません。読んでいて、今自分が車を運転して
    毎日普通に暮らせていることのありがたさをつくづく思います。病院食も最近はおいしいと思いますよ。

    ただ一度、某悪徳病院で老人ばかりの病棟に
    入れられたときは最悪でしたけどね。
    江草乗さん、こんにちは。
    確かに、食事にケチをつけているのは老人でしたね。
    食事に有り難みを感じないのは、老人一般の傾向なのか、はたまたそういう世代がたまたま老人なのか、興味が出てきました。
    • ニゼック
    • 2015/11/15 5:42 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 生きる価値などない欠陥人間
      ニゼック
    • 真面目なリハビリはバカを見る
      ニゼック
    • 真面目なリハビリはバカを見る
      ハオチン
    • 生きる価値などない欠陥人間
      ぱいん
    • 生きる価値などない欠陥人間
      ニゼック
    • 生きる価値などない欠陥人間
      堀池一久
    • 真面目なリハビリはバカを見る
      ニゼック
    • 真面目なリハビリはバカを見る
      sugari
    • 体が不自由だからと甘えるな!
      ニゼック
    • 体が不自由だからと甘えるな!
      meganesaru707

    クリックしてくださいね。

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM