怒鳴る行為はデメリットだらけ

0

    健常者だった頃、私は腹が立つとよく怒鳴っていたと思います。

    障害者になってからは、ほとんど怒鳴らなくなりました。

    怒鳴らなくなったら、怒鳴ることのデメリットが見えてきました。

    それらをいくつか挙げてみたいと思います。

     

     

    1.相手に伝わりにくくなる

    怒鳴ると、言葉の内容より怒鳴っている声だけが目立って、肝心の内容が正確に相手に伝わらないことが多いです。

    伝わらないから、相手は何をしたらよいか分からなくなり、こちらの欲することをなかなかしてもらえなくなり、余計にイライラしてまた怒鳴るという、悪循環に陥ることがあります。

    怒鳴らずに落ち着いて話した方が、相手に正確に伝わります。

     

    2.自分の身に危険が迫る

    相手によっては、当然反撃を食らいます。

    障害者の方で、「自分は障害者だから、さすがに相手は障害者相手に反撃はしないだろう」なんて思っていませんか?

    それはわかりませんよ。

    もし、反撃を食らった場合、体が不自由な障害者は絶対的に不利で、場合によっては命を落とすかもしれません。

    いくら何でも、反撃はないだろうと思っている方へ。

    そんなあなたは、相手の良心につけこむ「卑怯者」です。

    卑怯者めが!

     

    3.脳出血を再発する

    怒鳴ると血圧が上がりますからね。

    当然、脳出血を起こす可能性が高くなります。

    一度脳出血を起こした私など、再発になります。

    再発したら前より後遺症が重くなるということですから、一生寝たきりを覚悟しなければならないでしょう。

     

    三つのうち、2.と3.は怖いですね。

    怒鳴ることで一生をフイにしないよう、常に心がけていましょう。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      ニゼック
    • 障害者が作る健常者の感情
      ニゼック
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      堀池一久
    • 障害者が作る健常者の感情
      堀池一久
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM