降圧剤から卒業の日は近いのか

0

    「降圧剤、一度やめてみますか」。

    先日、月に一度の病院通いの日に主治医の先生からこう言われました。

    最近の血圧測定では、最高が100〜110mmHg前後で、特にこの10日ほどでは100mmHgを切りそうな下がり具合でした。

    現在服用している降圧剤は、テルミサルタンの20mgを1日1錠で、これ以上弱い薬はないとのこと。

    そこで一旦中断して、様子を見ようということになったわけです。

    降圧剤の服用を中断してから、5日が過ぎました。

    今日の血圧は、108/72mmHgで、まだ降圧剤の効き目が残っているようです。

    主治医の先生の話によると、降圧剤中断の影響が出てくるのは、中断後およそ2週間以降で、次回の病院通いの時に降圧剤からの卒業が決まるかも知れません。

     

    降圧剤の効き目が消えてもなお、血圧が低いままなら本物でしょう。

    脳出血で倒れてから3年余りの年月が流れましたが、降圧剤からの卒業が現実のものになれば、闘病生活において新しい大きな1歩を踏み出すことになるでしょう。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
    にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM