梅雨明けは早かったけれど

0

    関東甲信の梅雨が、今日明けました。

    6月に梅雨が明けるのは観測史上初めてだそうで、今年の梅雨は駆け足どころか、全力疾走で通り過ぎていった感じです。

    梅雨の初め頃にはまとまった雨が降っていたような気がするのですが、何しろ梅雨の期間が23日間と平年より日数が随分と短かったそうで、恐らく梅雨に通常降るだけの雨量には達していないだろうと思います。

    もしかして、この夏は水不足?

    あくまで平年での話ですが、東京では梅雨よりも秋、特に10月が一番雨量の多い月になっています。

    梅雨の雨量がイマイチだったなら、秋にたっぷりと降るかも知れない。

    いや、降ってもらわないと本当に水不足になってしまいます。

     

    問題は片麻痺の体での外出。

    手は片方しか使えないので、杖と傘を同時に使うのは難しいのです。

    ゆえに、外出が増えると雨は降らないで欲しいわけで、実に悩ましいことになってしまいます。

     

    できれば、夜にだけ集中して降ってもらい、昼に降らなければ助かるのですが、これまた勝手な願望でありまして、工事現場の夜勤のガードマンの方などを考えると、簡単に言えることではないでしょう。

    勝手な願望を抱かなくてもいいように、折り畳み傘を常に持つようにして、時間のある時に、雨が降った時を想定した歩行練習を積み重ねないといけませんね。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM