それぞれのセラピストたち

0

    言うまでもないことですが、私たち脳卒中の患者には、主治医のほかにセラピストがついていると思います。

    私たちのセラピストは、リハビリの専門家。

    私は、リハビリのことで疑問や悩みがあったら、真っ先にセラピストに相談しています。

    長い間リハビリを続けていて、回復がゆっくりとしたペースになると、リハビリそのものに不安を感じることがあります。

    そんな時に、担当のセラピストは良き相談相手になってくれます。

     

    私はボトックスに対する不安があり、もしかしたら将来ボトックスを用いた治療を受けなくてはならなくなるのではないかという心配を常に持ち続けています。

    セラピストの話によれば、リハビリをサボってしまうと筋肉が硬くなって、ボトックスの治療が必要になる可能性があるので、今は真面目にサボらずリハビリを続けていくことが不安解消の近道なんだそうです。

    週一回のセラピストとの時間は、こんな会話をしながら真剣にかつ楽しくリハビリに取り組んでいます。

     

    残念な点は、私の担当のセラピストは男性なんですね(笑)。

    ギャルのセラピストが担当になっている方もいるみたいですが、私からすればうらやましいの一言です。

    私の担当がギャルのセラピストなら、他の人のセラピストなんて目に入らないけどなあ。

    もっとも、私のこういう性格を見抜いてか、私の担当セラピストは男なんでしょうねorz。


    コメント
    うけました(^o^)
    私は女性対応にしていただいてます
    通所リハの担当はめちゃめちゃ可愛いです!
    全体的に、若いしイケメン美女可愛い人多いですね!
    • n
    • 2018/08/13 2:50 PM
    nさん、せっかくのイケメンも女性をときめかせねば意味はないんじゃないかな(笑)。
    同様、可愛い女性は私について欲しい(笑)。
    担当は女性セラピストさんだけなので、ずっとおしゃべりしながらリハビリしてます
    とても楽しいんです
    私のおしゃべりが止まると、セラピストさんは、あ、痛いんだな。と、わかるそうです。
    そうこうしてると、時間が来て、
    あ〜もう終わりか〜残念〜またね〜
    という感じです
    • n
    • 2018/08/14 2:44 PM
    セラピストは楽しい人が一番ですね。
    面倒なリハビリも楽しくなります。
    そうなんです!といってもちょっとしゃべり過ぎかなぁと反省するところもあって、一度、あまりしゃべらず、真剣にリハビリする姿を見せて驚かせようと企んだいるのですが、なかなか実行できません(^_^.)
    • n
    • 2018/08/18 11:18 AM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      ニゼック
    • 障害者が作る健常者の感情
      ニゼック
    • 片麻痺からの思いがけない習慣
      堀池一久
    • 障害者が作る健常者の感情
      堀池一久
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック
    • ソフトな口調でハードな指示
      n
    • ソフトな口調でハードな指示
      ニゼック

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM