医者を藪医者と決めつける人

0

    自分の思った通りに治療が受けられないと、その医者を「藪医者だ」と決めつける人がいます。

    勉強もせずに感情論だけの人は論外ですが、問題は知識をかじっている人。

    医者に論争を吹っ掛けて、議論に負けても「それでも自分の方が知識がある。あいつは藪医者だ」なんて負け惜しみを言うのです。

    そういう人は医者ばかりでなく、看護師やセラピストなんかにも反論する傾向があるようですね。

    議論を吹っ掛けて相手が反論できないと、「オレの方が知識が上だ」と勘違いなんかします。

     

    医者も、看護師も、セラピストも、みんな人間です。

    常に脳みそが医学書で満たされているわけではありません。

    議論を吹っ掛けている人は、自分の得意分野からの出題ですから、自分が有利になるのは当たり前なのです。

     

    とある「藪医者」を連発する人ですが、その方もこういう傾向があるようで、文章の片隅に散見されます。

    まずいことに、その人の文章は非常に読みにくいのですが、読みにくいことまで「読解力なさのせい」と決めつけるので、質が悪いです(これ、どっかで見たような)。

     

    話が横にそれてしまいましたが、私が思うに、説得力の有る無しは基本的に資格の有る無しだと思います。

    医者に対して「藪医者だ」と決めつけられる人は、同じ医者の資格を持っている人しかできないと思うのです。

    医師の資格を持っている人は、大学で医学を学んでいた時から、実地で経験を積んでいるのです。

    大学で医学部に入ったわけでなく、自分で勝手に信用できる書物をピックアップして、そこから得たにわか知識だけの人が、医者を藪医者かどうかを決めるなんて、医学界に対する冒涜も甚だしいと思うのです。

     

    発病して6年とか7年とか経っているとか見ましたが、にわか知識で医者に対抗したりしなければ、もしかしたら5年ぐらいでほぼ治っていた!なんてこともあったかも知れません(ないか)。

    自分では、医者よりも自分の知識で治るスピードを速めていると勘違いをなさっているかも知れませんが。

     

    さて、今年ももう9時間余りで終わろうとしています。

    今年1年、ありがとうございました。

    来年はブログの記事をよく見て、クズ記事のブログに振り回されないで、インフルエンザの予防接種はきちんと受けましょうね。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 見かけでは分からない失語症
      ニゼック
    • 見かけでは分からない失語症
      ath
    • インフルエンザの予防注射
      n
    • インフルエンザの予防注射
      n
    • インフルエンザの予防注射
      ニゼック
    • インフルエンザの予防注射
      n
    • インフルエンザの予防注射
      n
    • インフルエンザの予防注射
      n
    • インフルエンザの予防注射
      ニゼック
    • インフルエンザの予防注射
      n

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM