脳卒中は自己責任で招く病気か

0

    2年ほど前、元テレビ局のアナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という記事を投稿し、炎上したことがありました。

    病気は異なりますが、脳卒中にも自己責任論があり、すなわち、ヘビースモーキングや暴飲暴食の結果脳血管に異常をきたし、脳卒中になるに至ったという向きが少なくありません。

     

    私の場合は、こんなことがありました。

    私は職場復帰してから3年が経ちますが、この間にここでは書けないような出来事があり、職場を離れて独立しました。

    独立の際に立ち上げた会社は、第1期の決算を無事終えて2期目に入っています。

    ところが、外出が非常に多い上に業務もストレスになるものが多く、麻痺した手足にも痛みが出るようになりました。

    また、体が不自由なために事務作業一つにも倍以上の時間がかかり、疲れがひどくなりました。

     

    ある日、離れた実家に住む親に弱音を吐きました。

    疲れが激しいので、会社を人に譲って、私自身はもう仕事はやめたいと。

    それを聞いた母親は、こう言いました。

    「家族を養う身分で何を言ってるの!

    酒の飲み過ぎでそんな体になったのだから、責任を取りなさい!」

     

    確かにお酒は好きでしたが、その説明をした医者からも酒が原因だとは診断されていません。

    それでも母親は、私が不摂生で脳出血になったとみなしているのです。

    しかも、病気で苦しくともそんなのは関係なし。

    自己責任だと言いました。

    妻も似たようなことを思っているらしく、仕事を辞めてプー太郎になったら離婚するとまで言っています。

     

    自分の肉親でも、こういう始末。

    社会に出ると、一体どれだけの人がそう思っていることでしょう。

     

    体が不自由でも自己の責任で招いた病気に、手を指し伸ばす必要はないということか。

    脳卒中は残念ながら、そんな風にしか見られていないのです。

     


    コメント
    こんにちは
    私は54歳で脳出血になりました。父は50歳、兄も50歳位。そして祖父も似たような病気で夫々亡くなったと聞いています。
    この病気は、気をつければある程度防げる病気だと思っています。代々この種の病を経験しているのに・・・(病気に)ならなければ気がつかなかったのです。従兄の家系には何人も医師がいるのにです。
    今、再びお酒を飲むようになりました。昔ほどじゃありませんが・・・控えながらですよ。
    経験しなければ判らないのですね。・・・馬鹿ですよ。
    酒の飲み過ぎは後天的な脳血管障害の大きな原因だと思っています。経験者は語るですね。
    意見があったら教えて下さい。
    では
    • ネロ
    • 2019/02/25 11:33 AM
    小泉純一郎元首相は時々いいことを言いました「人生三つの坂がある。上り坂、下り坂、まさか」人生そんなものです。人は、長所もありゃ、欠点もありますわ
    私自身では、過度の飲酒は脳出血の原因になると承知しています。
    しかし、たとえ親であっても健常者から直接「あなたの脳出血の原因は過度の飲酒です」と言われたくはないです。
    わがままかなあ。
    私の母は、回復期病院を選ぶ際、女房に「世間体もあるからできるだけ自宅(実家)から離れた病院にしてほしい」と言ったそうです。私は母の考え方をよく知っていましたので、驚きもしませんでした。自分基準の〇×でしか物事を考えない人はいます。脳卒中も〇×思考で考えないことが大切であると思います。
    おはようございます。
    どうも飲酒を脳血管障害の原因と話題にしているようですが、私の水泳の若い友人で東京パラを目指すM君は、ほとんど私と同じような症状(上・下肢共右片麻痺)ですが、原因は中学生の時の交通事故による脳挫傷でした。大学まで進んだ彼はすごく明るい素敵な青年に育ちましたよ。
    脳血管障害者にも飲酒が原因ではない人がいると云ってみたかったんですが、余計なことでしたね。
    でも障害者になる原因は何であれ、(障害者に)なった以降の生き方が問題ではないでしょうか。辛いのは判りますが、回りの人の見かたを気にするばかり暗くなって・・・
    もうこんな話題は止めて、明るく生きましょう。
    では
    • エイム・ハイ
    • 2019/02/27 9:21 AM
    私は年に 二、三回しか飲酒しませんでした
    • n
    • 2019/02/27 9:44 AM
    がんとか、他の病気でも言えることですが、例えば飲酒はいくつかの病気について原因の一つですが、逆に飲酒習慣のある人がそれらの病気になっても飲酒が原因と断定できる人は誰もいないのです。
    世間の人は、それを忘れて原因を特定しようと躍起になり、ゲーム感覚で語るんですね。
    ○か×かで語るのって、思考停止してていいし。
    だからこそ、周囲の方々には軽々しく「酒の飲み過ぎやからや!」と言ってもらいたくない。
    原因は本人が反省材料として考えるだけで十分ですわ。
    お加減いかがですか?
    私は家庭でいろいろあって、今、病んでおります 
    今回は、
    夫が機嫌を損ね、息子にお前みたいなやつは大嫌いやなどと罵声を浴びせ、理不尽に怒り、息子は死にたいと泣いて。私にはそれ以上(体は)良くはならない!と言い。いろんなたまってる不満を言われました。息子の悪口を私に言ってきます。夫は私や息子(不良とかではないです。夫の望むとおりの行動をしないだけです。根はいい子です)の事でつらいんですが、こんなことがあると、私は倒れたとき死んでいた方がよかった。と、思います。すみません、こんな話、苦しくて、誰にも話せなくて、
    • n
    • 2019/03/15 11:05 PM
    nさん、それは大変な思いをしましたね。
    この病気は、ずっと後遺症が続いて行きますので、どうしても家庭が険悪なムードになってしまいます。
    私もなるべく険悪にならないよう、毎日努めてはいます。
    ありがとうございます
    毎日気をつけていらっしゃるのですね
    私の場合、自覚ありなしに、つい偉そうな言動をしてしまうところがあるので、(偉そうにしない)ということに気をつけたいと思います ガンバ! 
    • n
    • 2019/03/16 10:14 PM
    おげんきですか?
    困ったときばかりコメントしてすみません ニゼックさんは障害年金のことわかりますか?私は夫の扶養家族なので受給されるとしたら障害基礎年金かな?。あと二ヶ月位で初診日から1年6ヶ月なので申請の準備です またまたストレスです 夫が社会保険労務士に頼んだほうがいい!と言っていて、手続きしてくれるとこ探しといて!と言われました またまた困ってます… 血圧上がりそうです…
    • n
    • 2019/04/23 5:20 PM
    私は区役所に相談しましたよ。
    あとは、主治医とは仲良くしてます(有料とは言え、主治医に手間をかけるため)
    あまり覚えてませんが、今はきっちり受けています。
    こんにちは、返信ありがとうございます
    社会保険労務士にたのんでないですね 2級でしょうか? 経験豊富な社労士にたのみたいと考えてる主人に探してもらいたいのです、私は何をどうすべきなのかがつかめなくて、信用できるのかとか、ぼったくられないかとか、こわくて、選べません、どうすればいいの?と訪ねても、何度も言わせんといてノイローゼになるわ。という返事で……。なんとか頑張ります
    • n
    • 2019/04/26 5:51 PM
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 生まれつき体が半分不自由な人
      ニゼック
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      meganesaru707
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      ニゼック
    • 生まれつき体が半分不自由な人
      meganesaru707
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      n
    • 回復のキーワードは関節なのか
      ニゼック
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      ニゼック
    • 私は穀潰しにはなりたくない
      n
    • 回復のキーワードは関節なのか
      味由部長
    • 回復のキーワードは関節なのか
      ネロ

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
    にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM