東日本大震災にまつわる記憶

0

    東日本大震災から8年が過ぎました。

    私は関西出身ですから、阪神淡路大震災とも無関係ではないのですが、阪神の時は名古屋に住んでいて地震の直撃を受けませんでした。

    東日本大震災では、東京の町田市に所用で出かけているときに遭いました。

    津波にこそ遭いませんでしたが、駅にいるときに大きな揺れに襲われ、あの時は駅が崩壊して下敷きになる覚悟をしたものです。

     

    当時の私は健常者で、マンション管理会社に勤めていました。

    翌日、担当のマンションで水道が破損したと連絡が入り、現場へ駆けつけたものです。

    私の周囲では幸い大きな被害はなく、数日でほぼ日常の業務に戻りました。

     

    一方、東北地方の太平洋岸では大きな災害になっており、とりわけ津波のニュースにはショックを受けました。

    被害は日ごとに大きくなり、宮城県を中心に死者・行方不明者の数が1万人を上回っていました。

    8年経った今も、復興はまだ道半ばです。

     

    その被害の大きかった宮城県出身のシンガーソングライター・遊佐未森さんが、一日も早い復興を願って作り、歌っている曲があります。

    「欅〜光りの射す道で〜」と題する曲で、青葉通りの欅の木に復興の願いを託しています。

    これから紹介する動画は、その曲をバックに、仙台と石巻を結ぶ仙石線の歴史を綴っているものです。

     

     

    私も阪神淡路とともに、一日も早い復興を願います。

    そして、私の体も「復興」を願いたい・・・

     

    この曲が収録されているCDアルバムです。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    クリックしてくださいね。

    にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
    にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM