席の譲りあいに高齢社会を見た

0

    電車やバスに乗ると、よく席を譲られます。

    私は、譲って欲しいと言わんばかりに、満席の優先席の前で杖を突いて立つようなことはしません。

    それでも、声を掛けられて譲ってもらうことがよくあります。

    この譲られる場面で、私はあることに気が付きました。

     

    私に席を譲ってくれるのは、高齢と思われる方が多いのです。

    もちろん、現役世代の方々からも譲られはしますが、なぜか自分より遥かに年上の方から譲られる場面が増えてきたのです。

     

    身体障害を抱えていても、やっぱり高齢の方から譲られるのは申し訳ないです。

    「だいじょうぶですよ」と答えても、席を立ちあがって譲ってくれるケースがほとんどです。

     

    譲られる直前の優先席の状況では、高齢者で満席の場合も少なくないことも増えてきました。

    普通に考えれば、私はもう座れる席がないのですが、それでも時々、譲ってもらっているのです。

     

    これから先、高齢者の割合が増えてきたらどうなるのでしょう。

    高齢者同士や高齢者と障害者の間の譲り合いが増えてくるでしょうね。

    鉄道会社も、今のままでは現実にそぐわなくなってくると思います。

    もういっそのこと、一部の座席は高齢者と体に障害を抱えている人専用にしてもいいのではないでしょうか。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    アクセスカウンター


    このページの記事

     

    カテゴリー

    アーカイブ

    最近のコメント

    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      n
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      ニゼック
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      n
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      n
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      ニゼック
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      n
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      ニゼック
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      n
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      エイム・ハイ
    • 脳卒中は自己責任で招く病気か
      meganesaru707

    クリックしてくださいね。


    リンク

    作者のプロフィール

    このブログで検索

    その他

    QRコード

    qrcode
                                   

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM