素直な気持ちで見る箱根駅伝

0
    毎年の正月の楽しみは、箱根駅伝。
    逆に言えば、私にとって正月の楽しみは、これしかないんですよ。
    最近は、お笑いやバラエティ番組が面白くなくて、すっかり見なくなりました。

    今年は、例年あまり見ないニューイヤー駅伝も見ました。
    正月三が日は、駅伝漬けになってしまいました。
    バラエティ番組を好きな人に言わせれば、走っている人をひたすら見るだけの何が面白いのか、分からないそうです。
    私には、そのひたすら見るだけがいいんですけどね。


     
    箱根駅伝で特に惹き付けられるのは、競技の苛酷さと沿道の風景です。
    出場するのは、関東のローカル大会ということで関東の大学ばかりですが、そんなことは私には関係ありません。
    駅伝としては、1区間の距離が他の駅伝より長く、ほとんど20km超えです。
    更に、箱根の山登りと山下りの個性的な区間があり、ここでの闘いも見逃せません。
    風景も、大都会のビル街、茅ヶ崎辺りの海岸、箱根の山道と、飽きることがありません。

    この駅伝、私の生まれ育った関西地方では、アンチ箱根駅伝の人の声をよく耳にしました。
    昨年はツイッターで、関西の大学教授から箱根駅伝に対する批判が出て話題になりました。
    今年は2ちゃんねるで、「全国大会ではない」と指摘して批判するスレッドが立っています。

    私が見るに、関西の人が「東京一極集中」の弊害だとして批判するときは、単に「関西も注目されたいんや〜」と言っているだけです。
    東京一極集中を批判するなら、東京(関東)以外の地方が全て盛り上げるようにすべきということになりますが、それは表向きだけの話。
    本音は、関西さえ盛り上がればそれでいいんですよ。
    関西で盛り上がれば、東北や九州で盛り上がらなくても、関西の人は東京一極集中への批判はしなくなるでしょう。
    東京だけとか、関東だけとか、それが気に食わないだけのことです。

    私は、難しいことは抜きにして、もっと素直に楽しんじゃえばいいと思います。
    「あなたは関西人でも東京に住んでいるから、東京に抵抗がなくなったんでしょ」と言われそうですが、私が転勤で東京に住んだのは15年ほど前で、箱根駅伝はそれよりもずっと前から見ていますから、関係ないです。

    むしろ、関西の人が東京や関東に対して嫉妬の感情を晒すのって、関西の出身として恥ずかしい考え方です。
    面白いものは面白いのです。理屈はいらないんですよ。

    箱根駅伝コトバ学

    関連する記事
      コメント
      偶然です、私も昨年5月に発症しました。症状も右半身で同じです。しかも51歳です。お年は知りませんが。

      自宅療養で休職中です。
      いろいろ交流できたら、有難いです。シンプログをやってます。
      • 脳出血から立ち直るぜ
      • 2016/01/03 6:12 PM
      ようこそです。コメントありがとうございます。
      私は少し若いです。
      ぜひ、アドレスを教えてください。
      できたら、拝見したいので。
      宜しくお願いいたします。
      http://simplog.jp/top/8413380362

      ご覧になってください。
      LINEとかで交流を希望します。
      • 2016/01/04 1:24 PM
      ありがとうございます。
      LINEはやってないのと、やる予定もないので、出来ればリンクを貼るなどでいかがですか。
      (OKだったら、貼ります)
      情報交換は出来ると思いますので、よろしくお願いします。
      はい、いいですよ。

      これからもよろしくお願いします。
      • 2016/01/04 6:40 PM
      ありがとうございます。
      リンク貼りました。
      時々お邪魔しますね。
      コメントする








         

      カレンダー

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      アクセスカウンター


      このページの記事

       

      カテゴリー

      アーカイブ

      最近のコメント

      クリックしてくださいね。


      リンク

      作者のプロフィール

      このブログで検索

      その他

      QRコード

      qrcode
                                     

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM