全てのわがままは健康が前提

0

     「一生独身が一番。結婚なんて面倒くさくて煩わしい」。

     時々こんな風に宣う方を見かけませんか。

     一人でわがままに暮らすメリットを、絶対的なことのように書いている記事までありますから、ますます独身貴族が増えていくのではないでしょうか。

     


    4年に1度のチャンスに乗る

    0

      何か月ぶりでしょうか。

      皆さん、私は生きていますよ。

       

      今日久しぶりに書いたのは、今日が2月29日ということで、4年に1度のチャンスに乗っかってみようと思ったのです。

      内容?さて、何を書こうかな。

       


      両麻痺になったらどうする?

      0

        脳卒中で片麻痺になった方のブログは、たくさん見かけます。

        しかし、両手が麻痺した方、つまり「両麻痺」になった方のブログは見たことがありません。

        もっとも、両麻痺になったらキーボードが打てなくなってしまいます。

        ALSになってブログを続けている方もいますが、これはどちらかといえば特殊ケース。

        両手両足が麻痺したら、生きる気力を失ってしまうかも知れません。

         


        順番なんて分からないものだ

        0

          私は東京に住んで20年近くが経ちます。

          転勤で大阪から名古屋、東京と移り住んだ私ですが、転居直後というのは知り合いがほとんどいなくて、少しずつ慣れていくしかありません。

           

          そんな折に、大阪にある出身大学の同窓会から連絡が入りました。

          窓口のT先輩からの、歓迎会をやるので来てくださいの勧誘でした。

          ちょっと怪しいなと思いながら、行くことにしました。

           


          関節の動き具合も十人十色

          0

            脳卒中の患者全員の関節がスムーズに動けば、この病気は今より重要視されていなかったでしょう。

            しかし、現実はそうではありません。

            多くの患者が関節の動きや固まり具合に、自由を奪われて困っています。

            他動でも関節を動かしておれば健常者に近い動きができるはずだと主張しているブロガーもいますが、そんな単純なものではなく、症状は十人十色で、治療方法だって、一人一人違うのです。

             


            走れる体に戻りたいけれど

            0

              電車を降りて、ホームのエレベーターを目指して歩いていると、すぐ横を走って追い抜いた塾帰りらしい子供がその先のエレベーターに乗り込み、私を待つまでもなくエレベーターのドアを閉めました。

              私は唖然としてその様子を見ていましたが、走れない私は子供を追いかけることすらできず、黙っておとなしく次のエレベーターを待つしかありませんでした。

              こんなとき、私は走れない自分の体を恨めしく思うのです。

               


              ゆけ!ゆけ!正しいリハビリ

              0

                私は、脳出血を発病してから4年が過ぎました。

                しかし、まだ健常者と同じ動きはできません。

                あるブログでは、繰り返し「健常者風」の言葉が見られ、その筆者もそれができているようなのですが、私にはまだまだ先の話のようです。

                 


                荷物が多いと置き場所に一苦労

                0

                  私はこの5日間に、名古屋と大阪へ行ってきました。

                  私が遠出をするときは、リュックとカバンを一つずつ持って行きます。

                  どちらか一つでもいけそうなのですが、そうすると土産が入らなくなり、手ぶらで行かなくてはならなくなります。

                  土産は、持ち物を増やす罪な奴です。

                  誰だよ、こんなくだらない文化を作ったのは!

                   


                  引きこもりは麻痺足に悪影響

                  0

                    私は仕事上、出かけることが非常に多い職業です。

                    会社の拠点は東京ですが、顧客は東京と神奈川にまたがってあり、外出する日は歩数が1万を軽く超えます。

                    ところが、書類の作成で一日中事務所に引きこもる日もあり、そんな日はほとんど歩くことがありません。

                    机に向かったまま一日が終わることもあるほどです。

                    そんな時には、麻痺足が悲鳴を上げるのです。

                     


                    生まれつき体が半分不自由な人

                    0

                      世の中には、生まれついて体に障害を持った人がいます。

                      このブログ界隈においても、私の知るところで約1名いらっしゃいます。

                      障害の有る無しに関わらず、人というものはたいてい健全な精神をお持ちなのですが、残念ながらその方は体だけでなく、精神も障害をお持ちのようなのです。

                      いや、障害と言ったら、他の障害者に失礼でした。

                      ここではXさんとでもお呼びしましょうか、その方、精神に障害ではなく欠陥があるようなのです。

                      私から見て、大変「かわいそうな人」です。

                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • 全てのわがままは健康が前提
                        ニゼック
                      • 全てのわがままは健康が前提
                        味由部長
                      • 全てのわがままは健康が前提
                        ニゼック
                      • 全てのわがままは健康が前提
                        味由部長
                      • お酒はどこまで許されるのか
                        ニゼック
                      • お酒はどこまで許されるのか
                        ひろ009
                      • 介護認定のポイントはいかに
                        n
                      • 介護認定のポイントはいかに
                        ニゼック
                      • 介護認定のポイントはいかに
                        n
                      • 関節の動き具合も十人十色
                        ニゼック

                      クリックしてくださいね。

                      にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
                      にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM