脳出血「3回忌」記念の日

0

    今日で脳出血発病から、ちょうど丸2年が経ちました。

    我が家では無事に生き抜いたということで、妻がごちそうを作ってくれるそうです。

     

    あの夜、お茶を飲もうと起きた私は、寝室に戻るときに突然の激しい目まいに襲われ、同時に体の右半分が動かせなくなったのです。
    妻が呼んだ救急車で病院に運ばれた私は、一命を取り留めることができました。

    私の命が今ここにあるのは、妻の一報があったからなのです。

     

     


    低気圧と体の不調の関係

    0

      朝、目が覚めると窓の外は雨。

      あ〜あ、今日は傘をさして仕事に行かねばならないなあと思いながら、体を起こしてみると、だるい感じがする。

      それでも頑張って、ストレッチ体操の態勢にしてみたのですが、頭が何となく重いし、肩や関節がどうも硬いのです。

      もしかして、これが噂の低気圧の影響ってやつ!?

      体操をしていたら、妻がやって来ました。

       

       


      ずっとずっと痺れている体

      0

        脳卒中の後遺症に痺れ(しびれ)があります。

        私のブログでは、これまで痺れについてあまり書いていなかったので、ニゼックは痺れがあまりないのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にもしっかり痺れがあります。

        タイトルにもありますように、継続的な痺れがあります。

        この記事では、そんな私の痺れについて書きたいと思います。

         

         


        後遺症の改善と老化との闘い

        0

          「随分と歩くのが早くなったんじゃないですか?」

          そう言えば、仕事仲間と歩いていた時、相手に引き離されないように歩いていました。

          知らない間に早足になってたんですね。

           

          以前なら、相手が私に合わせていたのですが、最近は少し遅めに歩く程度でいいとのこと。

          こうして毎日毎日、後遺症は少しずつ改善の一途を辿っているのでした。

           

           


          オムツが手放せない後遺症

          0

            私は脳出血を発病してからというもの、ほとんどの期間でオムツを着用しています。

            もちろん今もです。

            脳卒中関係のブログには、失語症やボトックスの話題は見かけますが、オムツの話題は見たことがありません。

            していて当たり前なのか、あるいはほとんど無縁の世界なのか。

            オムツの情報は共有できるものがないので、この先どうなるのか不安です。

             

             


            片麻痺とドラマーの意外な関係

            0

              日に日に良くなっていると思われる脳出血の後遺症。

              残念なのは、麻痺している右手の指が未だに自分の意志通りに動かせないこと。

              特に、5本の指を別々に独立して動かすことができず、5本を一度に限られた方向にしか動かせません。

              どうしたら、一日でも早く独立して動かせるようになるのだろう。

              そんなことを考えながら、もしかしたら片麻痺とドラマーの間には意外な関係があるのではないかと思ったのです。

               

               


              社会に深く巣食う障害者差別

              0

                「今度の新しい担当は病人?

                おたくの会社は、客を何だと思っているのですか」。

                私が仕事で新しいお客様の所へあいさつに行った時の、お客様の最初の反応がこれです。

                杖を突き、右手が使えない(つまり、名刺を片手でしか渡せない)ことが、かなり癪に障ったようです。

                 

                言われっぱなしも良くないと思ったので、私からも伝えました。

                「お言葉ですが、右の手足が動かないのは後遺症です。

                ですから、今は病人ではありません」。

                 

                すると、お客様は次のように言いました。

                 

                 


                失語症の回復に感謝しよう

                0

                  前回のブログで、「失語症で苦労されている方もいますが・・・明るく楽しそうな毎日なら、何とかなる」という文を書きましたが、現実には何ともならないことがあり、乱暴な表現だったかなあと反省しています。

                  今の私の状況を考えれば、会話ができているからこそ可能になっている仕事の部分が大きいと分かったのです。

                  もし、会話ができなかったら、今の仕事はかなり違ったものになっていたでしょう。

                   

                   


                  失語症同士で語り合う同窓会

                  0

                    大阪にあるマイナー大学の東京での同窓会があり、卒業生の一人である私も参加してきました。

                    見たところ、平均年齢は60歳代!

                    50代になりたての私は、ここではトップクラスの若さ。

                    しかし、杖を携えての参加でしたから、一人浮くということはありませんでした。

                     

                     


                    リハビリは月月火水木金金

                    0

                      退院してから週2回の訪問リハビリを受けるようになって、はや1年半近くになりました。

                      現在は、火曜日に理学療法士(PT)、木曜日に作業療法士(OT)の方にそれぞれ1時間ずつ、自宅まで来ていただいています。

                      私は毎回、筋肉が硬くなっていないか確認していますが、今のところ柔らかいそうで、ボトックスのことは気にしなくても良いようです。

                       

                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      クリックしてくださいね。

                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM