プリンターの故障と足の激痛

0

    突然、カラープリンターのマゼンタが出なくなってしまいました。

    インクを交換しても状況は変わらず、途方に暮れていました。

    プリンターヘッドを掃除しても、反応はありません。

    ええい!最後の手段だ!ということで、A4の用紙をセットし、A4の1ページ一杯にマゼンタを塗りつぶすように作った画像を印刷。

    それでも水色の画像しか印刷されません。


    歓迎しないセルフサービス化

    0

      月に1回の割合で行っていたとんかつのチェーン店が、セルフサービスの店になっていました。

      メニューも値段も変わっていないのに、サービスだけがセルフサービスに変わっていたのです。

      今まで店員さんが料理を持ってきてくれたのに、自分でカウンターまで取り行かないといけなくなりました。

      食後は、返却口まで食器を返しに行かなくてはならなくなりました。

      メニューも値段も変わっていないですから、これは明らかにサービスの品質ダウンです。


      脳出血で得たものと失ったもの

      0

        脳出血は、私の人生計画の中で全く想定してなかったものでした。

        発病直後は、数週間で元に戻るだろうとたかを括っていましたが、それは甘い見通しでした。

        右手足が麻痺によって自由に動かなくなってから、早3年の月日が流れました。

        そしてこの先も、もしかすると死ぬまで、右手足の麻痺が続く可能性だってあるのです。


        デスクワークで固まる筋肉

        0

          外出の多い仕事に携わっている私。

          ところが、ここ3週間ほどは仕上げなければならない書類が山になっており、いつもより外出の業務が激減しています。

          一日中机に座っていると歩かないので、困ったことに足の筋肉が固まるのです。


          降圧剤から卒業の日は近いのか

          0

            「降圧剤、一度やめてみますか」。

            先日、月に一度の病院通いの日に主治医の先生からこう言われました。

            最近の血圧測定では、最高が100〜110mmHg前後で、特にこの10日ほどでは100mmHgを切りそうな下がり具合でした。

            現在服用している降圧剤は、テルミサルタンの20mgを1日1錠で、これ以上弱い薬はないとのこと。

            そこで一旦中断して、様子を見ようということになったわけです。


            ひどい誤解と想像力の欠如

            0

              ブログ村で仲良くしていただいているmeganesaru707さんのブログ、「片麻痺の横歩き」はとても面白く、毎日欠かさず拝見しています。

              その中に、想像力の欠如をテーマにした記事がありました。

              これを読んで、同じブログ村のA氏のことが頭をよぎりました。

              A氏は、私に対して修復が不可能なほどひどい誤解をしていらっしゃるようなので、私の方からブログのコメント欄に書き込まないように告げ、交流を断ち切った相手ですが、今なお相変わらずひどい誤解を自身のブログに展開されているようなので、私の見解を述べておこうと思います。


              そもそもなぜ脳出血を引き起こしたのか

              0

                私は、なぜ脳出血になったのでしょうか。

                私は、この病気になる前、最高血圧が150から160mmHgぐらいになっていました。

                元来、お酒が好きな私は、毎日のようにビールと焼酎を嗜んでいました。

                私が脳出血を引き起こした原因は、そこにあったかも知れません。

                これが避けられたかもしれないと考えれば、運命ではなく、必然だったことになりますし、正直後悔もしています。


                リハビリの成否は運命なんかじゃない

                0

                  脳梗塞を患ったある芸能人がリハビリに努力を重ねていましたが、その甲斐なく、先日あの世へ召されました。

                  その方、食事にも気を遣い、健康管理にも相当気をかけていたようですが、残念な結果に終わってしまったのです。

                  その結果について、運命だと切り捨てた人がいました。

                  誰とは言いませんが、私はその意見に憤りを感じました。

                  リハビリの結末が運命で決まっているなんて、冗談じゃない。

                  運命には、自分の手で変えられる部分があるのです。


                  西城秀樹さんの命を縮めたもの

                  0

                    先日亡くなった歌手の西城秀樹さん。

                    年齢は享年63歳だったそうで、これからまだまだ活躍できるチャンスがあっただけに、本当に残念な出来事でした。

                    西城さんは、2度も脳梗塞に襲われただけに、人一倍体に気を遣っていたに違いありません。

                    その西城さんが、なぜ60代前半の若さで突然逝かなければならなくなったのか。

                    これが原因じゃないかというものが、今日のお客様との会話にありました。


                    奇跡の回復なんて参考になるか

                    0

                      脳卒中にかかる人は残念ながら少なくなくて、年間25万人くらいの人がかかり、現在は150万人の患者がいるそうです。

                      脳卒中の体験を綴ったブログも結構あって、ランキングまであることは皆さんご存知のことでしょう。

                      そんなブログの中には、奇跡を謳ったものもあります。

                      私にだって奇跡がほしい。

                      奇跡を起こすにはどうすりゃええんでしょうか。

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        ニゼック
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        ニゼック
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        堀池一久
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        堀池一久
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック

                      クリックしてくださいね。


                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM