脳出血と脳内出血、どっち?

0

    脳の内部で出血が起きることを、脳出血と言いますか?それとも脳内出血と言いますか?

    私のブログでは前者で書いていますが、後者で書いているサイトやブログも多く見られます。

    この二つの単語には、意味上での違いがあるのでしょうか。

    早速調べてみました。

     

     


    13文字のタイトル付け終了

    0

      皆さんは気付いていらっしゃったでしょうか。

      このブログのタイトルの文字数が、ここのところずっと統一されていたことに。

      読んでくださっている方で、どのくらいの方がそれに気付いてくださっていたのでしょうか。

       

      53番目の記事「病気から逃げられない悪習慣」からタイトルの文字数を13文字で統一することを続けてきましたが、前回の記事「脳を刺激する表計算の仕事」ではタイトルの文字数が12文字となり、連続記録は184記事で途切れました。

      このくだらないことに、何のためにチャレンジしてきたのでしょう。

       

       


      悲劇のヒーローはゴメンだぜ

      0

        一番楽な時間は、どんな時ですか。

        私はやっぱり寝ている時ですかね、それも眠っている時。

        なぜって、後遺症から解放されているから。

        意識のある時は、いつも後遺症と向かい合っていて、苦痛から100%逃れることがないのです。

        それが、脳卒中の後遺症です。

         

        でも、悲劇のヒーローにはなりたくない。

        体の苦痛なら、自分以外にもたくさん苦しんでいる人がいますからね。

         

         


        作ってみようヘルプワッペン

        0

          一目では分からない障害を知らせる手段として、ヘルプマークがあります。

          しかし、ヘルプマークは全国に万遍なく行き渡っているわけではなく、まだ東京都とはじめとした一部の都府県だけであり、大阪府を含めた多くの道府県ではまだ使われていません。

          障害者手帳を首からぶら下げてアピールしている方もいるようですが、一目で分かってもらうには今一つで、ヘルプマークのようなものがあればという声も聞くことがあります。

           

          まだ今日明日に広がるわけではないこのマーク、このマークでなくても何とか自分の障害を理解してもらえたらと思っている人は、少なくないはず。

          こうなったら、もう、やるしかないでしょ。

          無いものは、作るしかない。

          HEY,YOU、作っちゃいなYO!

           

          ヘルプワッペン

          ↑クリックで大きくなりますよ。


          年末に自転車にはねられた!

          0

            脳出血になってから、まだ一度も交通事故はありませんでしたが、遂に遭ってしまいました。

            それも年末の忙しい時期に、自転車事故です。

            私はこの事故で、結構飛びました。

            そして、しばらく動けなくなってしまいました。

             

             


            東京で育ったのに阪神ファン

            0

              今年から大学生になった私の息子は、ガチガチの阪神ファン。

              息子は東京で育ったのですが、なぜか小さな頃から阪神ファン。

              妻は、息子が阪神ファンになったのは私のせいだと言うのですが、昔甲子園に阪神の試合を見に行きたいと私に言ったのは、他ならぬ妻で、それが交際のきっかけになってのちに結婚し、息子が生まれたことを忘れたのかな。

               

               


              高校の文化祭の遠い遠い記憶

              0

                今年から高校生になった娘が、土曜日の朝の割には部活っぽくない格好をしています。

                「今日は部活やないんか?」

                「うん、今日は記念祭だから」

                 

                記念祭?

                妻に聞くと、娘の通う高校では文化祭のことを「記念祭」と呼ぶらしいです。

                私が通っていた高校では、単に「◯高祭」でしたから、垢抜けた響きを感じました。

                同時に、娘の学校は配付する文書に「生徒」とか「高校生」などの表現は使わず、常に「◯高生」と固有名詞で書くので、「◯高祭」でないのが意外でした。

                 

                文化祭、いや記念祭のために学校へと出かけて行く娘の姿を見て、私も高校生の頃を思い出さずにはいられません。

                 

                 


                障害者いじめが日常だった頃

                0

                  障害者に対しては、いつも優しさと思いやりの心で接すること。

                  子供の頃から大人になるまで変わることなく、そんな気持ちを常に持ち続けていたでしょうか。

                  私はそうでしたと言いたいのですが、残念ながらそうではありませんでした。

                  相模原の障害者施設殺傷事件の犯人の、知的障害者に対する考え方と行動は究極の憎悪だと思うのですが、私が子供の頃は知的障害者をいじめることが周囲で日常に行われていましたし、私自身も恥ずかしながら参加していました。

                   

                  あの頃、あの場所では、いじめに加わらないと今度は自分がいじめの対象になる。

                  初めはそういう思いから、障害者いじめに手を染めていったのです。

                   

                   


                  余計なお世話かも知れないが

                  0

                    脳卒中関係のブログを覗いていらっしゃる方の中には、既に気にされている方もいるかも知れませんが…。

                    味由部長のブログで、3週間近く更新がないのです。

                    他人のブログの更新を気にするなんて余計なお世話でしょうと言われそうですが、味由部長のブログは私に脳出血の闘病ブログの開設を決意させたブログ。

                    気にするなと言われても、私は気になるんです。

                     

                    味由部長

                    (↑味由部長のブログよりお借りしました)


                    雨の夜と気になる翌日の天気

                    0

                      子供の頃、遠足の前の日の夜が雨だと、やきもきした経験はありませんか。
                      リュックサックに荷物を用意しながら、明日は中止になりませんようにと、てるてる坊主なんかを作りました。
                      果報は寝て待てというものの、雨音が一向に小さくならず、なかなか眠りにつけないこともありました。
                      そんな翌朝、夕べの雨が嘘のように晴れ渡っていると、嬉しかったものです。


                       

                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        ニゼック
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        ニゼック
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        堀池一久
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        堀池一久
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック

                      クリックしてくださいね。


                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM