気になる気になる物語

0

    入院していたとき、脳のトレーニングをやっていました。
    でも世間でいう脳トレではなく、脳の破損箇所の復元作業です。
    これもリハビリの課題で、脳に再現させたものを正確に言葉に表現させる練習です。
    ここは、言語聴覚士さんの出番です。
     


    お客様を馬鹿にする会社

    0
      契約中の携帯電話会社から、ダイレクトメールが着信しました。
      私が契約しているのは、正確にはPHS。
      その会社は、最近携帯電話の会社とPHSの会社を買収して、更にはプロ野球で日本一になったチームを系列にしている別の携帯電話会社のグループ企業なので、儲けている会社だと思います。
      私が契約した前の会社は倒産してしまったので、ここに買収されてから景気が良くなったものです。
       

      人生の成功に不可欠なもの

      0
        自分は結構できる人間だ。
        今回の病気にかかるまで、そう思っていました。

        もちろん、人前では姿勢を低くして接します。
        でも、本音は、自分はうまくやれる人間だ、最近になってチャンスも増えているし自分はそれをものにするだろう、成功は目の前だ、そんな風に思っていたのです。
         

        礼儀知らずのクズ隣人、K氏

        0

          ※同じ病室の、隣のベッドのK氏については、下記の関連記事もご参照ください。
          少し困った隣人さん、K氏
          大きなお世話の隣人、K氏
          見栄と自己中の隣人、K氏
          アンパンにKOの隣人、K氏
          コンビニに執着の隣人、K氏


          9月の終わり頃、リハビリから戻ってきた私に、K氏がカーテン越しに尋ねてきました。
          「お疲れ様です。退院は近いんですか?」
          胃痛事件以来、すっかりよそよそしくなったK氏でしたが、聞きたいことがあれば遠慮なく声を掛けてきました。
          「10月の20日頃で調整してますよ」
          私はいつも通り、カーテンを閉ざしたまま答えました。
           


          コンビニに執着の隣人、K氏

          0

            ※同じ病室の、隣のベッドのK氏については、下記の関連記事もご参照ください。
            少し困った隣人さん、K氏
            大きなお世話の隣人、K氏
            見栄と自己中の隣人、K氏
            アンパンにKOの隣人、K氏


            「Kさんのコンビニの出張販売、いい加減にしてもらえませんか」
            私はとうとう言ってしまいました。
            ただし、K氏ではなく、コンビニの出張販売を直接許可している病院に対してです。
            K氏に言ったところで、「病院から許可を出してもらっている。何か文句があるのか」と言われておしまいと考えたからです。
             


            奇声が飛び交う病棟の夜

            0
              入院していたとき、病院で寝ていると毎晩何人かの奇声が聞こえてきました。
              「お母ちゃん、お母ちゃんよぅ」と叫ぶ声。
              「お姉さん、お姉さん」とすがるような声。
              「ううう、ううう」とただ大声で唸る声。
              それらは宵の内、真夜中、朝方と、時を選ぶことはありませんでした。
               

              アンパンにKOの隣人、K氏

              0

                ※同じ病室の、隣のベッドのK氏については、下記の関連記事もご参照ください。
                少し困った隣人さん、K氏
                大きなお世話の隣人、K氏
                見栄と自己中の隣人、K氏


                K氏にハプニングが起きました。
                9月13日、朝から寝込んでしまったのです。
                胃が痛いそうです。
                点滴を繋いでいるので、結構重そうです。
                リハビリも、当然お休みになりました。
                発病して5ヶ月、体の回復が比較的活発な時期に、リハビリを全くやらない日を作ってしまいました。
                 


                見栄と自己中の隣人、K氏

                0

                  ※同じ病室の、隣のベッドのK氏については、下記の関連記事もご参照ください。
                  少し困った隣人さん、K氏
                  大きなお世話の隣人、K氏


                  悪い人ではないけれど、何かと面倒くさいK氏。
                  私は、出来るだけ接触を避けたつもりですが、食事は同じテーブルだし、何と言っても隣のベッドですから、どうしても無関係でいるわけにはいきません。
                  K氏は寂しいのか、カーテン越しによく声を掛けてきます。
                  特に、私のリハビリの進捗具合が気になるようです。
                   


                  入院中に体験したこと

                  0

                    私が脳卒中の入院中に体験したことを、列記してみます。
                     


                    大きなお世話の隣人、K氏

                    0
                      ※同じ病室の、隣のベッドの人K氏については、「少し困った隣人さん、K氏」もお読みください。


                      6月の終わり頃、食事のときの出来事です。
                      我々の4人テーブルの話題は、デザートのメニューのことで盛り上がっていました。
                      隣のベッドのK氏ともう一人の2人は杏仁豆腐ですが、私と別のもう一人は小さなゼリーでした。
                      「デザートが違うんですね」
                      と、私が言うと、K氏が嬉しそうに、
                      「いつもだよ。病気でメニューが違うんだ」
                      と、答えていました。
                      私のメニューは、カロリー制限が入っているメニューでした。
                      ひと目見ただけで、見劣りがするのです。
                      私は、知らなかったわけじゃないけど、話題に乗っていました。
                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • 生きる価値などない欠陥人間
                        ニゼック
                      • 真面目なリハビリはバカを見る
                        ニゼック
                      • 真面目なリハビリはバカを見る
                        ハオチン
                      • 生きる価値などない欠陥人間
                        ぱいん
                      • 生きる価値などない欠陥人間
                        ニゼック
                      • 生きる価値などない欠陥人間
                        堀池一久
                      • 真面目なリハビリはバカを見る
                        ニゼック
                      • 真面目なリハビリはバカを見る
                        sugari
                      • 体が不自由だからと甘えるな!
                        ニゼック
                      • 体が不自由だからと甘えるな!
                        meganesaru707

                      クリックしてくださいね。

                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM