左手で心を込めて書く年賀状

0
    年末になると、大掃除で忙しいところにトドメを刺すかのような年賀状書き。
    子供の頃は、1枚1枚手書きで作る余裕があったのに、大人になると、面倒くさくなって憂鬱になる原因になってしまいます。
    バレンタインのチョコがチョコレートメーカーの陰謀なのと同じように、年賀状も郵便局の陰謀なんじゃないのか。
    年賀状を作るのが嫌になると、そんな病的な発想が出てしまう自分が危ないです。
    そこまで病的になると、もう年賀状なんてやめてしまえば?と言われそう。
    それでもしっかり作り続けているのには、ちゃんとした理由があるんですよ。


     

    歯茎の腫れ、顔の麻痺に合流

    0
      新たな後遺症として、右目の涙が止まらなくなっています。
      12月19日の記事に、そのことを書きました。
      これは15日頃から、徐々に涙が出始めていました。

      24日頃からは、更に新しい後遺症として、マグカップで飲むときに、飲み物が口の右側から漏れるようになったのです。
      コーヒーを一口飲む度にこぼしてしまうので、困ったことになってしまいました。

      これまでは、特にこぼすということはなかったのです。
      なぜだろう。
      コーヒーを飲むときに、注意しながら飲んでみました。


       

      自分的ビッグニュースだと?

      0
        ブログで、ネタがないときに使えるサービス「お題」。
        私自身は、滅多に使うことはないだろうと思ってたので、基本的にスルーしていました。

        しかし、「これは少しだけ気になる」というのがあったので、初めて乗ってみることにしました。
        そのお題とは、
        2015年の自分的ビッグニュースは?
        です。

        今年ほどビッグニュースになりそうなネタを、悉く破壊された年はなかったですね。
        「2015年、ふざけんな」という思いしかありません。


         

        クリスマスのセイなる時間帯

        0
          本来のクリスマスの日になりました。
          わざわざ「本来の」と付けたのは、クリスマスよりクリスマスイブのほうが盛り上がっているからです。
          我が家でも、クリスマスケーキを食べたのは昨日でした。

          今日は何にもない普通の日です。
          キリストの誕生日って、今日なんですよね。
          誕生日より前日が盛り上がるって、普通はないと思います。

          ところで、クリスマスの頃になると、毎年決まってネットに出回る文章があります。
          誰が考えたのかは知りませんが、発祥はどうやら2ちゃんねるです。
          よく出来ていますので、ご存知の方も多いと思いますが、ご紹介します。


           

          後遺症がサンタクロース!?

          0
            よく分からないうちに、クリスマスイブになりました。
            それから一週間もすれば、お正月です。
            今年は、5月に脳出血で倒れてから5ヶ月間入院生活でしたので、夏から秋にかけては何をやっているのか分からない年でした。
            私にとっての2015年、一体何の年だったんでしょうね。

            今年が残りあと一週間になるというのに、私の体はそんなことにはお構いなし。
            次から次へと後遺症は、私を攻撃してきます。

            イメージ画像
             

            後遺症で悩む人はココにいる

            0
              脳卒中は、病気の名前はよく知られていますが、詳細はあまり正確に知られていないようだということが分かりました。
              数少ない闘病の情報についても、話題になるのは、比較的症状の軽い人ばかり。
              最近注目を集めた漫画家を志望の方の闘病マンガも、貴重な資料ではあるのですが、入院期間が短い上に後遺症もほとんど全快しているので、参考になるかと言えば今一つでした。

              後遺症に悩まされるぐらい重い人は、マンガ化したり書籍化したりするのは手間や体力の問題などでなかなか出来ないため、情報発信は個人ブログの作成になると思います。
              脳出血、脳梗塞でブログを作っている方は、一体どれくらいの間、手足の麻痺で悩まされているのか。
              ブログ村と人気ブログランキングに参加されているブログから、アクセスが上位にあるもの40ブログをピックアップし、内容を分析しました。

              イメージ写真
               

              知られていない脳卒中の中身

              0
                脳卒中が三大疾病の一つであることは、よく知られたことです。
                病気の中身については、どのくらい知られているのでしょう。
                全く知らないと答える方はまずいないと思うのですが、正確に知っているのかといえば、あんまりいない気がするのです。

                漫画家志望の方が、脳梗塞(脳卒中の一つ)を発病してから退院するまでを描いたマンガに、多くの反響があったことは、昨日の記事に書いた通りです。
                反響が多かったということは、意外に知られていなかったということではないでしょうか。
                ツイッターでの書き込みをまとめた「トゥギャッター」では、多くのコメントが寄せられていました。
                その中で、一番最後に書かれたものが、状況を一言で表していると思います。

                イメージ写真
                 

                脳梗塞マンガは参考になるか

                0
                  33歳で漫画家志望の女性が描いた、脳梗塞体験マンガが評判です。
                  脳梗塞は、私が患った脳出血と同じ脳卒中の一つです。
                  読者からは、「参考になる」「他人事とは思えない」などの反響が出ています。
                  内容は、マンガを直接ご覧いただくのがいいですが、時間が少ししかない方やリンク切れになった後のために、簡単に内容を記しておきます。

                  ・ある朝、軽い自覚症状があったが、午後になって重くなり自力で病院へ。
                  ・脳梗塞と診断され、即入院。発病から7時間経過。
                  ・左片麻痺となる。翌日からリハビリ開始。
                  ・入院から二週間までに、薬指と小指を除いて指が動くようになる。
                  ・1ヶ月半で退院。日常生活がほぼできるようになる。

                  上記以外に、この漫画家志望の方(以降、「Aさん」と書きます)の入院期間中には、カテーテルによる脳の検査、血液検査、下剤の常用があったようです。
                  私については、脳出血だったからかも知れませんが、カテーテルによる脳の検査はなかったです。
                  CTやMRIは、何度となくやりましたね。
                  血液検査は、複数回やりました。

                  さて、私の感想です。
                  まずは、参考になるところから。

                  33歳漫画家志望が脳梗塞になった話
                   

                  健康も病気もシステマチック

                  0
                    脳出血で異常が出るのは、脳だけではないんです。
                    確かに、直接の病気は脳出血ですけどね。
                    脳の病気は、神経系統にダメージを与えます。
                    神経は、体中を巡っています。
                    そのために、予想外の場所に異常が起きるのです。

                    イメージ写真
                     

                    私の体はサグラダファミリア

                    0
                      私が上京したのは、15年前。
                      その頃から今に至るまで、新宿駅と横浜駅は、ずっと工事をしています。
                      両方共非常に大規模な工事で、一応工期は明示されてはいますが、実際に終わるのはいつなのか分からない雰囲気。
                      日本のサグラダファミリアと呼んでも、過言ではないでしょう。

                      毎日通るわけではないので、時々使うと以前と通路が変わっていることがあります。
                      その度に、別の道から遠回りをさせられたり、途中にあったトイレが別の所になって慌てたりします。
                      おまけに、ホームの配置まで変わったこともあって、こんな所に特急ホームなんてあったっけということもありました。
                      新宿駅も横浜駅も、この先中身はどんどん変わっていくのでしょうね。


                       
                      続きを読む >>


                      カレンダー

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      アクセスカウンター


                      このページの記事

                       

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        ニゼック
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        ニゼック
                      • 片麻痺からの思いがけない習慣
                        堀池一久
                      • 障害者が作る健常者の感情
                        堀池一久
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        n
                      • ソフトな口調でハードな指示
                        ニゼック

                      クリックしてくださいね。


                      リンク

                      作者のプロフィール

                      このブログで検索

                      その他

                      QRコード

                      qrcode
                                                     

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM